話題の引き出し subjects of conversationを広げよう

Hello!

How are you spending three-day weekend although the cold snap is hitting all over Japan?

全国的に寒波がおそっていますが、三連休いかがお過ごしでしょうか?

I heard that the US has had extremely cold climate this winter, something like minus 50 degrees which really seems the abnormal weather of recent years.

この冬アメリカなどではマイナス50度を観測し、本当に近年異常気象が起きているかのようですね。

 

さて先日、時々伺う洋書コーナーに行きましたら、日本を紹介する本やガイドブックがたくさん出ていました。

来年にきたるオリンピックに向けて外国人の方々に手に取ってもらいやすいよう、興味深いものが色々と揃っていて、日本人の私でもめくって面白いと思いました。

 

As to Japanese culture, I have seen the other day some films made by the film director of Showa era, Ozu Yasujiro.  *e.g. Tokyo Story, Late Autumn

日本のものといえば少し前に、昭和の映画監督・小津安二郎による映画をいくつか観ました。 *東京物語、秋日和など

His films were mainly made before and post war time, and the tempo (so-called “ma” in Japanese) is something of its own and chic, that I found.

彼の映画は主に戦前・戦後に撮られており、スクリーンを流れる“間”というのが独特で粋だなあと感じました。

Often through Japanese films, we can learn about our history, culture and how people lived in the past.

しばしば邦画(日本の作品)から、私たちは歴史や文化、また過去の人たちがどんな風に生きていたかを知ることができます。

So for English study it may be good to watch the western stories, however to broaden your topics or subjects of conversation anything, even the Japanese books and cultural issues will well serve.

そういった意味で、英語の学習には欧米のものに触れるのが良いですが、話題やトピックの‘引き出し’を広げるのに自国の文化や本・映画はとても役立ってくれます。

海外の人に「日本のお勧めの何々〜は?」と訊かれた時に話しやすくなると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です