洋書の読み進め方 〜視野を広く・捉える〜

Hello and good afternoon.

Some typhoons have already come and gone, and in recent years, perhaps because of the global warming they tend to arrive quite earlier (more like out of season).

いくつかの台風が来ては去っていきました。 この頃では地球温暖化の影響か、台風の来る時期が早まってる感じがしますね。

 

この夏は、海外へ行かれる生徒さんが多くて「習った英語がおかげさまで通じて、嬉しかったです」「自信が付きました」などさまざまなお話や声を聞かせてもらっています。

I’m so happy too that their English became active one and that the students could much enjoy communicating with people in overseas.

 

さて、今日は英語の本/洋書を読む時に、多くの方がつまづきやすい点について。

よく言われるのが、英単語・語彙が分からなくてなかなか進まない、というものでそれも一つはありますが、まず「本の見方」が違うこと。

洋書との距離感や、眺め方を変えると、読み進めるのがぐっと楽になってきます。

そもそも英語で読むことに余り慣れていない場合、一単語やワンセンテンスに目を通すのに時間がかかっている人が多く、単語と文章をじっと見て・凝視されているんですね。

例えばですが、車を運転する時にバックミラーに目をやったり、サイドミラーを一瞥したりという行動はほんの一瞬です。 これが、ミラーを見つめたり・隣の車を凝視していたら(=近視的)、車の速度は落ちてスムーズにゆきません。

少し肩の力を抜いて&広い範囲も視野に入れて運転する、のが上手なやり方かと思います。

 

なので、洋書を読む時もなるべく『単語や一文だけでなくページ全体が目に入るように、眺める姿勢で』進めると、前後の文脈やストーリーをより掴めるでしょう。

As an example:

Niki, the name we finally gave my younger daughter, is not an abbreviation; it was a compromise I reached with her father.  For paradoxically it was he who wanted to give her a Japanese name, and I – perhaps out of some selfish desire not to be reminded of the past – insisted on an English one.  He finally agreed to Niki, thinking it had some vague echo of the East about it.

She came to see me earlier this year, in April, when the days were still cold and drizzly.  Perhaps she had intended to stay longer, I do not know.  But my country house and the quiet that surrounds it made her restless, and before long I could see she was anxious to return to her life in London.  She listened impatiently to my classical records, flicked through numerous magazines.  The telephone rang for her regularly, and she would stride across the carpet, her thin figure squeezed into her tight clothes, taking care to close the door behind her so I would not overhear her conversation.  She left after five days.

 

文章と(自身を)30cmほど距離を取って、パラグラフ全体を見通せるように本を持ちます。 そして左上から右下に向かって ↘︎ 読む感覚で、すうっと目線を流してください。

*上記は中級レベルですが、読み方としてどの英語レベルでも応用できるreading style

ぜひ、試してみてくださいね。

洋書をもっと身近に、たくさんの方が楽しめたら嬉しいなと感じています!

 

Please do enjoy the rest of your summer.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です