夏の宵に洋画 English films, about woman’s life

Hello!

Now that August is passing by, this summer seems to have been fairly better compared to the last year and hence the tolerable one, I think.

八月が終わろうとしていますが、昨年の猛暑に比べると今年の夏は幾分過ごしやすく良かったのでは、という感じですね。

 

秋には、短期留学から戻られる生徒さんなどもいらっしゃり、涼しさと共に英語学習のしやすいシーズン到来です。

 

さて先日、夏の宵に久しぶりに洋画を観ました。

The film was called “Jane Eyre”, which was released in 2011, and this is the story originally written by the English female writer Charlotte Bronte back in 1847.

イギリスの女流作家・シャーロット・ブロンテが執筆し、1847年に出版された「ジェーン・エア」という小説の映画になります(2011年公開)。

The famous ‘Bronte sisters’ consisted of three women, living in the north of England where the wild moorland laid.  Each of them was so talented in writing, and during their thick but short lives they produced many poems and novels, of which are considered to be the high-water mark of English literature today.

ブロンテ姉妹で知られた三人の女性は、ヒース/荒野の広がるイングランド北部に暮らしていました。 それぞれが才能豊かで、濃くも短い人生の間にたくさんの詩や小説を世に送り出しました。 その中のいくつかは、今でもイギリス文学の最高峰と云われているらしく・・・

Their masterpieces were born greatly from their hunger and hope for the woman’s rights or possibilities at the time.  I had seen some other films about the Bronte sisters including “Wuthering Heights”, and I found that even at those eras (the first half of 19th century) there were certain numbers of people saying ‘Education is needed for women too.’

彼女たちの作品は、とりわけ女性の権利や可能性への‘願いと渇望’から生まれました。

ブロンテ姉妹に関する他の映画も以前観ましたが(嵐が丘 etc)、1800年代でもすでに「教育は女性にも必要」と唱えていた人たちが居たようです。

 

So education, after all, is something which cannot be deprived by the others.

誰しも受けた教育や習ったことは、誰にも奪われない(残る)のではないでしょうか。

 

Wish you have cozy September!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です