The origin of Halloween ハロウィンの発祥は

Hello!

With the leaves turning into deeper colours, so as the autumn deepens day by day.

木の葉が色づき始め、日ごとに秋も深まってゆくこの頃です。

 

さて昨今、日本でもすっかりお馴染みになったHalloweenですが元々はどこから来たお祭りか、ご存知でしょうか。

The seasonal event “Halloween” in Japan has become really popular in recent years, but where originally do you think they came from?

Halloween is an annual holiday celebrated each year on the 31st of October, and it is said to be originated from the ancient Celtic festival, of Ireland.

ハロウィンは毎年、10月の31日に催されるイベントで、発祥の地は(欧州)アイルランドのケルト人のお祭りであると云われています。

 

Long before in the eighth century, people would light bonfires and wear costumes to ward off ghosts.  At that time 1st of November was called All Saints Day, and the evening before was known as All Hallows Eve, which later became Halloween.

古く8世紀までさかのぼって、人々は焚き火を燃やしたり、ゴースト/死者の霊を追いはらう衣装を着たりしました。 当時は11月の1日が諸聖人の祝日 All Saints Dayと呼ばれ、その前夜が万霊祭 All Hallows Eve – 魂を祈る祭、ということで後にHalloweenという呼び方に変わったのです。

 

Celtic people used to live not only in Ireland but also in the United Kingdom widely, and millions of them travelled to immigrate to America especially in the nineteenth century.   Since then, the celebration of Halloween became much more common in the US.

ケルト人はアイルランドだけでなく、イギリスの様々な土地にも住んでいました。 そして19世紀(1800年代)になると、百万人以上のこれらのケルト人が移民としてアメリカへ渡ってゆきます。 そこから、ハロウィンのしきたりと祭りはアメリカ全土へと広がっていきました。

 

However, nowadays in Ireland the festival and parade of St. Patrick’s Day (in March) are held more nationally, and in the UK perhaps the grand ceremony has always been Christmas!

しかしながら今は、アイルランドでは三月のセントパトリック・デイというお祭りがより国民的ですし、イギリスではクリスマスが盛大な祝い事ですね。

スクールでも11月に入るとツリーを飾りますので、どうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です