Olympicsの英語セッションを実施しました

Hello!

Days seem to pass and go quite rapidly towards December, but how is everything with you?

十二月に向けて日が過ぎるのがはやく感じるこの頃です。 いかがお過ごしでしょうか?

I have just decorated the Christmas tree in the classroom, adding little cute ornaments every year.

スクールにも恒例のクリスマスツリーを飾りました。 毎年、少しずつ可愛らしいオーナメントを加えて。

レッスンは今年もクリスマス後までおこなって参ります。

 

さて、先週ですが藤沢市生涯学習大学よりご依頼を戴いていた「Olympicsの英語セッション」を実施いたしました。

来年、東京オリンピック2020の時にここ湘南・江ノ島がセーリング競技の会場となっており、たくさんの外国人が来日する模様ですね。

江ノ島会場でボランティア・スタッフとして活動をされる団体向けに、“英語でのやり取り/コミュニケーションと日本(文化&慣習)の伝え方”をレクチャーさせていただきました。

競技のある期間、海外スタッフとの連絡やチームづくりが大切になってくる一方で、折角日本に来てもらったのならば地元のこと・日本のことを知ってもらいたい。

オリンピックは今回ホスト側ですので、受け入れるほうとして何が出来るか、どんなことを伝えられるか。 そんなことも考えながら、欧米人のみならず英語を使ってコミュニケーションをとる際に、知っておくと良いポイントやカルチャーギャップなども説明しました。

 

「Outputの重要性を常々感じていたので、今日はとっても楽しかったです。今後も定期的に実践をしていきたい。佐藤先生の教材や教え方も分かりやすく、とても良かったです」

「久しぶりに英語で会話して、非常にためになりました。ありがとうございました」

「英語会話だけでなく文化(欧米ではプライベートや家族のことも日本より積極的に話す等)のことも混じえて進めていただいて、実践的でした。シチュエーションを想像しながら学べて、とても分かりやすかったです」 etc.

嬉しいご感想もいただき、感謝です。

言語はone of the tools of communication 一つのツールなので、英語の他にbody language, gesture, eye contact, facial expressionも大事で有効です。

お互いにスムーズな意思疎通がはかれて、日本って素敵だなあ・また来たいなと思ってもらえたら幸せですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です