World in unionを願って

Hello!

Spring March has started, and how are the things with you?

世の中が多少混乱しているこの頃ですが、レッスンは通常どおりおこなっていまして、外部機関からのお仕事も必要に応じて受託しております。

 

さて、昨年秋にオリンピック関連での英語セッションを実施したのですが、「とても良かった」というお声を戴き、この夏の英語セッションを再び(藤沢市より)依頼されました。

有り難いことで、大変嬉しく感じています。 日頃のレッスンで生徒さんから、先生の説明は分かりやすいと言っていただくことも多かったので、私自身頑張りたいと思います。 愉しく語学を学べるかたが増えますように。

 

不思議なもので、ちょうど二十年前の2000年、シドニー・オリンピックの年に(イギリスの大学卒業後)就職をして、JICA傘下の国際協力の仕事に携わっていました。

 

I was the instructor for the overseas trainees who came to Japan by JICA, to learn and study.  There were many international events for their long stay, such as Sado – Tea ceremony, Kado – Japanese flower arrangement, experimenting Japanese cuisine etc.  It was very interesting experiences to meet people from various places in the world, not only from the English speaking countries, and I could use my English as well as sometimes Portuguese.  Because it was in Hiroshima, my job also was introducing them the city and its history, by visiting the peace park and memorial museum too.

JICAを通して来日された海外研修員の方々へ、英語のインストラクターとして様々な行事やイベントを企画していました。 日本の技術を学びにはるばるやって来られ、長い滞在の方も多かったため日本を楽しめるよう茶道や華道、和食を作る機会など。 英語圏だけでなく実に国際色豊かな場でしたので、さまざまな国の方と交流し英語やポルトガル語まで使うチャンスがありました。

そして広島という地で、かつての歴史や負の遺産も紹介、平和公園や資料館へ研修員たちをガイドするのも私の仕事でした。

 

国際協力に関わった時分から、折しもオリンピックの年にまた、some means of international fieldに英語で役立たせてもらえることは幸せですね。

I thank the opportunity, and hope to be able to communicate with many people in this city through English.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です