6月のレッスンと、藤沢市放送通信・英語コースについて

Hello!

Hard and long days since February have, really lately, been eased finally, and it seems that we are having the so-called “new ordinary life”.

二月からの長く困難な日々が、最近になってようやく終わりを迎え、世間(と私たち)は新しい日常というものを味わっているようですね。

I suppose for the last several months, many of us must have had faced various circumstances, and also the feelings or thoughts that aroused within the ever changeable “today & now”.

この数ヶ月、多くの方がさまざまな状況、そして刻々と変化する“きょうと今”から湧き上がる思いに向き合ってこられたのではないでしょうか。

 

私自身もスクールのお休み(4月)などで今後の社会状況がどうなるかと思っておりましたが、幸いにも教育分野・学校関連も再開の動きで、嬉しく感じています。

5月はオンライン・英語レッスンを行い、来月6月はオンラインと通うレッスンの両方で進めてまいります。

Onlineにはonlineの良さもあるなと発見し、たとえば会話をしながら分からない語彙や初めての言い回しなどその場でスクリーンに打ち込むことができ、生徒さんもすぐ把握することが出来たり・・・ 聴いたことが直ぐにvisionとして見える(視覚化)のはlistening & reading の両インプットが強化される、と新たな気づきでした。

ですので、onlineをご希望の生徒さんには引き続きそのようにさせていただき、レッスンに通いたいという方は、勿論スクールでお待ちしております。

(*新規で希望されるかたは、お問い合わせよりお願い申し上げます)

 

さて、春先にご依頼を戴いていた、藤沢市生涯学習大学の「放送通信・英語コース」が少し前に収録を終えまして、6月9日よりスタートします。

本講座は東京2020オリンピック・公認プログラムの一環で、藤沢市(江ノ島)がセーリング会場となっていることから当初はオリンピックに向けた内容でしたが、来年に延期となりコース概要も“フレキシブルに&より長く実践的に使える”ものにしました。

<詳細はこちらへ>

http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/manabi/kyoiku/shogai/daigaku/r2hosotsushin/r2hosotsushin-01.html

 

全8回に渡る初級及び中級者向けの講義ですが、たとえオリンピックが終わっても、その後も活用できるいろいろなシチュエーションを盛り込んでいます。

(*すでに聴講の申し込みを沢山頂いているようですが、まだ受け付けは可能とのこと)

ラジオ・レディオ湘南とインターネットラジオから聴けますので、再放送も利用してもらえたらば光栄です。

Then, for those of the listeners and learners of English, I will be very happy to meet on the radio and hope that it will be some kinds of good tools which will cheer up your language enthusiasm as well as continued interests in English.  Thank you.

講座を通じて、ぜひ英語への好奇心や、語学を学ぶモチベーション・アップにつながると大変嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です