What kind of words we choose could create the light place.

Hello!

Since the schools of children re-started in this month, I’ve come to have a little more time in the day and sometimes going for a morning walk too.

今月は教育機関(子どもの学校など)も再開したため、一日に少しゆとりを持って朝ウォーキングもしたりしています。

紫陽花 hydrangeasのきれいなこの頃、how are the days with you?

 

Onlineレッスンも続いていまして、市のラジオ・英語講座の方も本放送が始まったので、7月末までlisten to and learn Englishを楽しんでいただければと思っております。

詳しくはこちらで、8月にはセミナー形式のスクーリングも開催予定です:

http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/manabi/kyoiku/shogai/daigaku/r2hosotsushin/r2hosotsushin-01.html

 

さて、語学/英語を吸収してoutput アウトプット(speaking, writing)する時に、どんな言葉を選んで・使うかというのは人によっておもしろいものです。

よく、思ったことや考えていることが言葉として出ると思われがちですが、その逆も然りで「用いた言葉から思考や空気感がつくられる」という流れもありますね。

thinking, mind, feelings ⇨ language and words

の図ではなくて、

language and words ⇨ thinking, mind, feelings

です。

 

よって、What kind of words we choose and use could influence our thinking and minds.

どんな言葉を用いるかは、(自分&他人の)考えや気分にも影響を及ぼしうるということで、

So if we use positive or light words/sayings, that can much lead to a good mood and atmosphere too, I suppose.

氣のいい言葉や言い回しは、あかるい空気感/雰囲気にもリンクするので、英語でもそういったものを積極的に使っていきたいですね!

 

*音楽好きの生徒さんにjust for reference 教えてあげた”Carpool Karaoke”というイギリスのYouTube 番組。 さまざまなミュージシャンが出演していて英語の勉強にもなり  It’s fun (and funny)ですよ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です