Looking back this year, and hopes for 2021

Hello!

December has started, and how is everything with you?

Unlike the usual autumn, this season has really been quite warm (I mean not particularly cold) strangely, but it’s lovely to see those Christmas ornaments and decorations in everywhere.

十二月が始まりましたね!

例年の秋とちがって幾分あたたかい(寒くない)不思議な気候ですが、あちこちでクリスマスの飾り付けがまばゆいですね。

 

さて、スクールも12月29日より年末年始の休業に入る予定ですが、今年は本当に様々なチェンジのあった年かと思います。

生徒さん方も一年を振り返った時、”It was a year of patience. 我慢の年だった”

“Since there were many changes in the children’s schools and events, I hardly could feel the seasons. 子どもの学校でイベントの中止や色々あって、季節が余り感じられなかった” というような感想がありました。 確かに、季節感の薄かった2020年だったかもしれませんね。

一方で、”Including that stay-home period, I could realise myself in various ways. ステイホーム中を含めてたくさんの気づきがありました”というお声も。

 

homeworkでお出ししている英文ライティングにも、年の瀬は一年の振り返りや、来年(2021)のプラン・夢を書いてきていただいてます。

*生徒さん皆への課題ではなく、書くこと reading & writingに興味のある方へ特に出しています

 

書く、話すのOutputをする時に、いつもいつも英語(学習)漬けになってる必要はなくて、できるだけ話題や視野を広げるのに、アンテナを立てておいてくださいねとも伝えています。

なぜなら言語はツール、伝達の手段なので、何をいかに表現するかは私たち自身の「経験、視点、感性」がものを云うことはよくあるんですね。

Because languages simply are the means of communication, what we talk about and how we express can often be derived from our own experience, perspective, or our sensibility, sense of humour too.

そういった意味で、多様な経験を積んだり、視点がバージョンアップするような何かだったり、語学以外の興味・関心ごとも大いに役立ちます。

日本語でも雑談上手な方というのは、やはり知識や経験が豊富だったりするので、詰まるところ人間力(?)を上げていくことになるのでしょう。 ユーモアのセンスも 🙂

 

生徒さんの中でも趣味の華道を極めたり、歌うことに捧げたり、歴史に詳しい人や子どもの世界を広げる職業の方 etc… They have a lot to tell. 今年も素敵な出会いを戴きました。

 

新しい時代への過渡期ですが、ここで立ち止まらずに、進化を続けてまいりましょう。

Let’s carry on and get through this time!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です