令和3年度の藤沢市生涯学習大学・ラジオ講座、再び

Hello and good afternoon.

Just passing by the so-called ‘daikan’- the coldest season of winter, it is fairly bright weather this week.  And how are you?

冬の大寒を過ぎ、幾分あかるい陽射しのこの頃です。 いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、睦月(一月)始まってこういうご時世と寒さもまだあり、オンライン・レッスンを引き続き進めておりますが、少し早いですが春からの行政機関の語学コースについて再びお声がけをいただきました。

昨年の春〜夏にかけて実施された藤沢市生涯学習大学による放送通信コースで、ラジオでの英語講座が全8回に渡って放送されました。 (FMレディオ湘南)

 

その放送通信コース、本年・令和3年度の第一期をまた受け持たせていただくことになり、とてもありがたく感じています。

インターネットラジオや市の語学CDでも長く活用されてきています ⇩

https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/manabi/kyoiku/shogai/daigaku/r2hosotsushin/r2hosotsushin-01.html

ラジオ講座を聴いてくださった方が夏のスクーリング(セミナー)にも多く参加され、沢山のご感想も寄せられました。

 

ちょうど世の中の過渡期で自宅/家にいながら聴講できるツール&内容ということで反響があって、藤沢市より「またお願いしたい」とのお声を戴いたことは私自身、大変嬉しかったです。

そして今回は何と英語ではなくて、ポルトガル語なんです(!)

It is a bit surprising, isn’t it …  実は(HPにも少し記載してありますが)英語の他に、第二外国語としてポルトガル語を喋ります。

さかのぼること高校時代に、日本でも歴史の長い高校生の留学団体・AFSで、南米のブラジルへ渡りました。 英国の大学に入る何年か前なので、個人的に英語の習得以前に全く異なる言語が入ってきたというちょっと変わった経験でして 🙂

 

奇遇にも東京2020オリンピックで、藤沢市が欧州ポルトガルのパラリンピック選手団のホストタウンを担うことから、私に委託してくださいました。

南米ブラジルと、ポルトガルのポルトガル語は少し違うのですが(アメリカ英語とイギリス英語の違いみたいなもの)、双方は問題なく通じますし、日本人にはもしかすると英語よりもポルトガル語の発音のほうが易しいのでは?と思ったり。 ラテン系言語なので、どちらかというとフランス語やイタリア語に似てて、文法も英語とは異なるのでその辺のお話もたのしいかなあと、今から楽しみにしています。

 

オリンピックは実現なるか分からない時ではありますが、異文化や海外との交流・扉が、せばまらないよう出来るだけのことをさせて頂きたいとの思い/希望も。

詳しくは春の広報ふじさわに掲載される予定で、ポルトガル語にご興味のある方、英語以外の外国語にトライしてみたい!という方はぜひともお待ちしております。

I will be very much pleased to inform about the new course held from coming spring, as to the Portuguese language, and I am sure that it would be a suitable one for the beginners and would be wonderful if something of cultural fields – of Latin America or Europe were known a little more broadly.

Então este vai ser uma muito boa experiência para mim também, e vamos se ver em primaveira! (良い経験になるはずで、春にお会いしましょう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です