英文 writingを通して考えをまとめる、outputの時間

Hello!

Day by day, I can feel the smell of spring through the sea breeze and also flowers like ume – Japanese apricot.

日毎に、潮風や梅の花から鼻先で春を感じられるようなこの頃です。

How is everything with you?

 

私事ですが先日、実に何年かぶりでお着物を着ました。

I have got a chance to wear kimono the other day, and that was really a fun experience!

(中身)半分欧米人にも衣装?

実家の母が幾分アメリカナイズされた人だったので、小さい頃からあまり日本文化にふれる機会がなく、大人になって自国のカルチャーへの興味がまだ残っていまして。 Looking back, there were not many opportunities in my childhood that I could touch the real Japanese culture/events and hence I have had a sort of longing for it.

(母は1970年代に単身アメリカへ短期留学し、当時まだ人種差別の強かったアメリカ大陸をバスで東西横断したという、私よりも度胸ある人なんです)

江ノ島の美味しい老舗お饅頭屋さんで(called Kinokuniya, they have beautiful dango if you like)しばし一服、リフレッシュは大切ですね!

 

さてオンライン・レッスンが続く中、文章を綴るのが好きな生徒さん方へ英文 homeworkを出しておりますが、上達され長く書けるようになってとても嬉しいです。

自分の考えやオピニオンも随所に伝えられるようになり、いつも読むのが楽しみで。 書く量は最初 6-7 lines(行)から始めて、だんだんのばして17-18 lines程まで出来るようになってきます。

*手書きでも構わないですが、大概はwordでタイプされて、英文を打ち込む際の見やすいレイアウトやルールもお伝えしてます

 

Writing sentencesにはその方がこれまで積んだ経験や、読んでこられた量だったり、語彙・表現力だったりが自然と表れてきます。 書くことって私はgreat outputの一つと感じるのですが、考えがまとまる/思考の整理になるというメリットもあります。

「英文の構造 structuresを考えるのが楽しいです。初めはノートに書いた文をpcに写してましたが直接タイピングすると、より英語で考えられるようになった」という嬉しいご感想も。

 

レッスンでそれまで進めてきた英文法 grammar textbookの内容も活用され、副詞 (adverb)&形容詞 (adjective)を効果的に使って表現力を磨いていけたら良いですね。

英語は歴史上、ゲルマン語とラテン語のいわば合いの子・言語であるといわれ、よくよく色んな英文を見るとそれが分かっておもしろい瞬間も。。

It makes me happy when they (the students) are devoted and enjoying writing in English.  Sometimes we notice about how we actually feel or think from our writing, then it can certainly be the good means of expression.

これからも文章をつくることを楽しんで、時には考えやオピニオンを客観的に眺めたり、トピックを思案してみたりと語学との時間が豊かなものでありますように。🌺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です