Read aloud together レッスンで一緒に朗読

Hello!

It is November’s three-day holidays, and I hope that you are having a good late-autumn time.

11月の三連休ですが、いかがお過ごしでしょうか。 晩秋の良い時間を過ごされていることと思います。

 

今月は海外から帰られた生徒さんや、お仕事で英語を活用する機会あった方など、色々と嬉しいご報告を伺っております。

 

レッスンの中で、conversation 会話の他にReading 朗読をよく一緒にすることがありまして、パラグラフ/段落ごとや一文ずつを生徒さんと交互で読み進めます。

なぜ朗読をするのかというと、喋ると同時に、その単語がどういうスペル(綴り)なのかが分かる。その逆も然りで、特に初めて見る単語はどうやって発音すればいいのか分かりません。 正しいイントネーション・抑揚を知ってもらったり、英語のスムーズな発声の仕方と流れを聴いていただくことが大事だからです。

例えば、appropriate (適切な)/ simultaneously(同時に)という単語が初めて出てきた時、どこを強く発音するか。どういったコンテックス・文脈で使われているのか。

また、例えば

“There was a cold wind this afternoon, but the sun shone for an hour or two.  I walked out on the moors behind the house.  The sheep were hiding from the wind under the stone walls, and there were grey clouds over the hills to the west.”

というような簡単な文章からでも、どのように読めばよりスムーズに英語らしく聞こえるか? 単語と単語をつなげながら流れるように発声する。 それから正しい文法や・羊 sheepは複数の場合もsheepなんだ、とかが一緒に音読 read aloudすることでいろいろ分かってきます。

本は貸し出ししているので、家に持ち帰って繰り返すと、知らなかった単語や言い回しは「音と意味」の両方で自分のものとなりますね。

語学は繰り返し声に出す&聞き手の前で喋ることで上手くなってくるので、これからもレッスンでの英語朗読を楽しんで続けていこうと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です